ALPR/ANPR ソフトウエアエンジン

ビジョンコンポーネンツのCARRIDAソフトウエアエンジンは簡単に既存のセキュリティや監視アプリケーションに統合ができるパワフルなOEMライブラリです。ソフトウエアツールはナンバープレート、ライセンスプレートの高速認識を行います。

 

CARRIDAソフトウエアの特徴

難しい照明条件のもとCARRIDAソフトウエアは確実にライセンスプレートの認識を行います。さらに、軽量、コンパクトなスマートカメラへの搭載により、定置型システムとしてもモバイル型システムとしても適しています。VC ALPRソフトウエア(自動ライセンスプレート認識ソフト)APIによりC、C++言語により呼び出せます。

VC ANPRソフトウエア(自動ナンバープレート認識ソフトウエア)はセットアップが早く、簡単に行えます。箱、コンテナなどの二次元コードの読み取り、特殊な文字フォント、シンボルマークの読み取りも可能です。破損、曲がりのあるプレートを含め96%以上の精度で認識します。

ナンバープレート読取り写真

CARRIDAソフトウエアエンジン

 

特徴

  • 迅速で簡単な構成
  • 読み取り精度 >96% (ダメージのあるプレート、角度補正含む)
  • 処理時間me: 30ms (カメラタイプによる)
  • 自動国/州の認識精度 >90%(欧州)
  • 復讐車線でのナンバープレート認識
  • 2行のナンバープレート認識
  • メモリー、ファイルからの汎用的な画像、映像フォーマット読み取り
  • すべてのプレートを1画像に表示
  • 全世界でのライセンスプレート読み取り
  • IP、USB、GigEカメラとの統合可能
  • 画像のライブストリーミング